医療カンファレンス

医療コミュニケーションとしての「Salus Vision」

遅延の少ない高画質・高音質な医療会議を実現し、長時間会議でも疲れません。 最大16画面表示を可能とし、遠隔地の医師との連携を取ることが可能です。

利用場面

・医療関連施設を接続しての医療会議の実現
・Dicomビューワの読影画像や電子顕微鏡の病理検体画像を共有しての医療カンファレンス

導入事例

北原国際病院/丸ノ内病院

その他の用途事例